Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
☆ 鉄輪エッセイ vol-5 ☆
0

    『ヤングセンター』

    2020年3月、長年鉄輪の湯治客に愛されてきた『ヤングセンター』が60年という歴史の幕を閉じました。

    大衆演劇の劇場としてたくさんの湯治のお客様を楽しませてくれた、ある意味鉄輪を代表する鉄輪らしい施設でした。

    私が鉄輪へ来た頃のヤング(地元の人たちはそう呼びます)は本当ににぎわっていました。

    毎日毎日ほぼ満館、、、地獄原温泉やむし湯などのジモセンにはヤングの浴衣を着たお客さんであふれていました。

    湯治のお客さんの娯楽のひとつとして人気だったヤングセンターの大衆演劇ですが、近年では湯治が目的ではなく演劇の観覧が目的で、鉄輪に泊まるという昔と逆バージョンもおきていたようです。

    私も行きましたが、本当にキレイでした。。。女の私よりも役者さんが演じる女形の方が色っぽい(^_^:)

    ヤングセンターの創業者さんは広島出身だそうです。

    今はなくなりましたが『広別汽船』という航路便があったからか、鉄輪は広島のお客様が多かったようです。湯治で鉄輪に来て、鉄輪が気に入り鉄輪に根を下ろした方たちも多かったようで、ヤングさんの他にも山水館・ホテル鶴見・つるやさん(今はもうありませんが)なども広島出身です。

    先日、散歩していたらヤングセンターの下のお好み焼き屋のご主人が「世の中、コロナも大変だけどうちなんかはヤングが辞めたことの方が大きいよ」と言ってました(^_^)。。。

    このコメントって凄くないですか?

    コロナと肩を並べるヤングセンター、、、なーんて(^_^)

    ヤングの前の宝来屋(実は鉄輪マダムご用達の洋服屋さん、、、ってわたしだけ?)も4月末で閉店しました。ヤングの閉館に背中を押されたようです。

    またひとつ鉄輪の時代の移り変わりを感じる出来事でした。

     

    posted by: irifunesou | 女将日記 | 17:12 | comments(0) | - |